CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE
NESMA -bellydance- は
オリエンタル主体のYukimiと
トライバル主体のYokoを
中心とし主に大阪で
活動しているベリーダンサー達の
プロダクションです

Yukimi(AMERA)
名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。アシスタント卒業後、現在各カルチャース クールやダンススタジオでベリーダンスを指導している。ダイナミックで凄みのある オリエンタルスタイルに定評がある。2006年3月より、各カルチャーでインストラクター就任 。同年8月には単身トルコへ修行に行き、オリエントハウス専属ダンサー"Hale Cakili"に師事する。そして同年12月、独自の世界観を持つトライバルフュージョンデ ュオ『Amera』の活動をスタートさせる。現在、アシスタント育成に励み、イベントや ショウで活動中。

Yoko(AMERA)
名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。卒業後、オリエンタルスタイルからトライ バルスタイルへ転身"Yukimi"とトライバルフュージョンデュオ『Amera』としてパフォ ーマンスする傍ら、衣装やスタイリングを手掛ける。2008年7月Tribal Bellydanceの メッカ、サンフランシスコへ単身渡米。『FatChanceBellydance』、『Salimpour Studio』で修行。帰国後、各カルチャースクールやダンススタジオでアシスタントに 就任。

AMERA(アメラ)
Yukimi、Yokoの二人で構成されるnesmaのメインパフォーマンスデュオ

Est☆r(エスタ)
Yukimi監修オリエンタル(フュージョン)トゥループ

多伽羅尼-tagalani-
Yoko監修アメリカン・トライバル・スタイル(ATS)& トライバル・フュージョン トゥループ
最近の記事
最近のコメント
LINKS
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
<< 伊丹最終レッスン♪♪ | main | My day! >>
多伽羅尼の名前の由来
多伽羅尼アキです


今日は多伽羅尼の名前の由来について書きたいと思います。


 

多伽羅尼は「タガラ」と「ラニ」という二つの言葉から作られた造語です。

 

「多伽羅(タガラ)」は「伽羅(キャラ)」の古語です。

 

伽羅とは香木の一種です。

多くはベトナムが原産で、自然条件や樹齢など多くの要因が整う必要があります。

そうしてできた香木が沈香と言われ、その中でも高級品のみ「伽羅」と呼ばれます。

 

「ラニ」は二つの言語からきています。

 

一つ目はヒンズー語の「ラニ」

「姫」、「王女」の意味です。

 

二つ目はハワイ語の「ラニ」

これは「天」とか「天国」という意味です。

ハワイの地名にもマウナ・ラニやラニカイビーチという場所がありますね。

「天国みたいで最高」って感じで使うらしいですよ。

 

余談ですが「カイ」は海を指す言葉で、漢字に当てはめると「ラニ海」。

日本人とハワイアンは語源を同じとする説もあり、似た言葉が沢山あって面白いです


  


名前の中にア段を多く持つとパワーの強い名前になるそうで、

ほかには「更紗」「カルラ」「サハラ」「カマラ」なんて言葉もそうです。

 

こんな風に「オリジナル性」と「持つ意味」と「音の響き」という

3つを重視して考えられたのが「多伽羅尼」です




★ ★ ★ ネスマのホーム ページはコチラ ★ ★ ★

| 多伽羅尼 | 18:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
◆ komaki ◆ 2012/01/14 4:00 AM ◆
あきちゃんありがと^^  しっかり覚えておきますー
◆ yukimi ◆ 2012/01/18 1:34 PM ◆
名前って重要ですね〜〜。
双子がうまれたら「カルラとカマラ」なんてかわいいですね(ほんまか!?)
◆ 佐季 ◆ 2012/01/19 11:15 AM ◆
昨日、南海電車に乗りながら「伽羅橋」という駅名を見つけて、「そういえば、多伽羅尼ってどういう意味やろ?伽羅は分かるけど「多」「尼」は?」と思った所でした。

アキちゃん、こんな沢山の意味があったなんて良く出来ていて驚きです。ありがとう☆
◆ アキ ◆ 2012/01/21 5:53 PM ◆
ネスマ、アメラ、エスタ。
ア段がいっぱい☆

名前負けしないように頑張りまーす!
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nesma.jp/trackback/1632134
トラックバック