CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NESMA -bellydance- は
オリエンタル主体のYukimiと
トライバル主体のYokoを
中心とし主に大阪で
活動しているベリーダンサー達の
プロダクションです

Yukimi(AMERA)
名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。アシスタント卒業後、現在各カルチャース クールやダンススタジオでベリーダンスを指導している。ダイナミックで凄みのある オリエンタルスタイルに定評がある。2006年3月より、各カルチャーでインストラクター就任 。同年8月には単身トルコへ修行に行き、オリエントハウス専属ダンサー"Hale Cakili"に師事する。そして同年12月、独自の世界観を持つトライバルフュージョンデ ュオ『Amera』の活動をスタートさせる。現在、アシスタント育成に励み、イベントや ショウで活動中。

Yoko(AMERA)
名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。卒業後、オリエンタルスタイルからトライ バルスタイルへ転身"Yukimi"とトライバルフュージョンデュオ『Amera』としてパフォ ーマンスする傍ら、衣装やスタイリングを手掛ける。2008年7月Tribal Bellydanceの メッカ、サンフランシスコへ単身渡米。『FatChanceBellydance』、『Salimpour Studio』で修行。帰国後、各カルチャースクールやダンススタジオでアシスタントに 就任。

AMERA(アメラ)
Yukimi、Yokoの二人で構成されるnesmaのメインパフォーマンスデュオ

Est☆r(エスタ)
Yukimi監修オリエンタル(フュージョン)トゥループ

多伽羅尼-tagalani-
Yoko監修アメリカン・トライバル・スタイル(ATS)& トライバル・フュージョン トゥループ
最近の記事
最近のコメント
LINKS
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
<< 遅延アレルギー検査をしてみた! | main | NEWクラス開校!! >>
遅延アレルギーその後
あっというまにお正月が過ぎ…
2015がスタートしましたね。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。

さて昨年末に書いた遅延アレルギーその後を書きます。
検査結果届いた数日間はテンションが高くあれこれ摂らないよう気をつけていたんですがすっかり今では元に戻ってしまいました。



…が卵を控えたことで長年悩まされていたものから解放されつつあります。

それはアゴラインのニキビ!!

一つ消えてはまた一つ新しくでき…の繰り返しでふとした瞬間に治るのに何かのきっかけでまた連鎖がはじまる…

化粧品なのか、石鹸か、寝具がアゴにすれるからか、などなどありとあらゆる原因をさぐりチョコをやめたりナッツをやめたりしたけど良くならないのでこれはもうホルモンバランスとストレスのせいだと思いこむようにしてました。

の矢先での卵アレルギー発覚。
確かに大ニキビが連鎖してたころ、毎日卵焼き食べてたな。

で、疑い深い私は実験してみました。
よくなってから友達ととんペー焼きを食べてみた。そしたら翌日にやっぱり大ニキビがポツン!
また控えてよくなったころに
雑炊in卵とじを2日続けて食べたら中ニキビがポツン!

それから二週間はTHE卵料理を控えてみたらキレイになって保ってます。

そのかん、パンやケーキ、アイスなど練りこまれているものは摂取してます。
でも練りこまれているから量が少ないんだと思います。

まさかニキビの原因が遅延の卵だとは思ってもみなかった!

主婦のかたと話てたんですが子供にアトピーやアレルギーが多いのは妊娠中に妊婦がアレルギーのものを知らず知らず撮り過ぎてて子供に影響を与えてるのではないかという話をしてたんですがあながち嘘でもないかも。と思ってます。

私、検査してなかったら妊娠中でもバンバン卵食べてることでしょう。
妊娠中は卵食べろ、といわれますしね。
その意味でも元気でアレルギーのない子供を産むために知っておく手がかりとしては検査して無駄ではなかった、と思う今日この頃であります。

ちなみにigGとigAの違いですがアンブロシアに問い合わせても医学的説明でよくわかりませんでした。

なので自分で調べてわかったことを自分なりに解釈して書きます。

GとかAって抗体のことで
どうやら症状がちがうみたいです。

Gに反応
慢性疲労、湿疹、じんましん、頭痛、食べ過ぎる、ゆううつなどメンタルなどに反応
血液中に1番多い抗体。

Aに反応
下痢、鼻炎などの腸や鼻腔などの粘液部分に反応。
3番目に多い抗体で鼻水、唾液、母乳、腸液に多く存在する。

私の場合、卵は肌荒れやメンタルに大きく影響するが下痢などには卵が関係なく

カキはその反対で肌荒れやメンタルには影響せず下痢や鼻炎がでるってことです。

卵 igGが高アレルギーだけどigAは低い

カキ igAは高アレルギーだけどigGは低い

興味深いですよね。
また追って報告します。



★ ★ ★ ネスマのホーム ページはコチラ ★ ★ ★

| Yukimi | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nesma.jp/trackback/1632271
トラックバック